妊娠線は消せないの?

待ちに待った出産も無事に終えて、育児に励んでいるママたちの悩みは妊娠線です。
妊娠中、比較的落ち着いて暮らしていた人は予防ケアが行き届いていますが、妊娠中も働いていたり、上のお子さんが小さかったりするとママはボディケアどころではなくて、ふっと気が付けば妊娠線ができていたという人が多いのです。
妊娠線は一言でいうと肉割れ、傷痕といってもいいかもしれません。
妊娠中は胸やおなかに急激に皮下脂肪がついて大きくなっていきます。
皮膚の表面は伸縮性があって十分に伸びるのですが、その下の真皮などの組織が表皮の伸び方についていけずに裂けてしまって、その傷痕が表皮から透けて見えている状態です。

インターネットや妊娠情報誌などを見ると、出来てしまった妊娠線は治らないと書かれています。
確かに、完全になくしてしまうのは難しいかもしれませんが目立たなくする方法はあります。
妊娠線に悩む女性は多く、そのケアに関する商品も数多く販売されています。
その中の何か一つをしたら、効果抜群!これだけでOK!というものはなかなかありません。
しかし、何かと何かを組み合わせれば、そこそこ効果があがるという話なら現実的です。

どういう方法を選択するにしても、絶対にはずせないのが栄養です。
妊娠線は皮膚表面の傷ではなく深い部分の傷ですから、その部分の治療には表面からの栄養だけではおいつきません。
体の中から栄養補給することが絶対条件なのです。
産後の食事の栄養バランスを整える効果は妊娠線の解消だけにとどまりません。
妊娠から出産、育児などママの体は継続的に疲労状態です。
良質の栄養をバランスよく吸収することで自分の体をケアし、おっぱいの質がよくなるので赤ちゃんの健康も守れることになります。
良い食生活というベースを整えたうえで妊娠線解消に向けて頑張ってみましょう。

Copyright © 2014 できてしまった妊娠腺…消す方法は? All Rights Reserved.